お悩み解決 STD検査キット

STD(Sexually Transmitted Diseases)は、性行為によって感染する病気・「性感染症」のことです。

HIV感染症、梅毒、性器ヘルペス、淋病など、さまざまな種類がありますが、その中でも、クラミジア感染症は日本で最も感染者数が多い性感染症です。

なぜ、クラミジアの感染者数が多いかというと、感染しても自覚症状が出にくく、自分が感染していることに気がつかないまま性行為を行い、相手にうつしてしまうケースがほとんどだからです。

自覚症状がないから、たいしたことはないのでは?という考えは大間違いです。

STDが進行すると、不妊症を引き起こしたり、HIVウイルスに感染する確率が高くなると言われています。

また、妊婦さんが感染していると、お腹の赤ちゃんに障害や病気が起こり、最悪の場合には命にかかわることもあるほど恐ろしいものなのです。

ですが、STDはきちんと治療をすれば治る場合がほとんどですから、必要以上に怖がる必要はありません。

他の人への感染を拡げないためにも、早い段階で病気を見つけて治療を始めることが大切なのです。

もしかしたら?と思ったら、ぜひ早めに検査を受けましょう。