性病検査 自宅

昨今では性の多様化によって、ごく普通の恋人同士であっても性病の感染の危険性が広がっていますし、性行為の若年化などもあり、世代や性別を問わない病気になってきているということを認識することが非常に重要です。

また性行為それ自体も多様化してきているため、従来ではあまり見受けられなかった口や肛門、喉などへの性病感染も広がっています。

あなたの大切なパートナーを性病から守るためにも、そしてあなた自身が安心して日々の生活を送るためにも、「性病検査STDチェッカー」で検査をされることが勧められます。

検査可能な項目は、淋菌、トリコモナス、クラミジア、カンジダ、細菌性膣炎、ヒトパピローマウイルス、HIV、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、クラミジア(喉)、淋菌(喉)となっています。

男性に多く見られるものから、女性特有の性病まで幅広くチェックすることが可能です。検査のために病院などに通院する必要がないのもうれしいポイントです。